在宅介護での介護をする方の心と体の健康管理とストレスの解消方法をの大切さを簡単に書いてみました。

介護する側の健康ありき 在宅介護について

介護する側の健康ありき 在宅介護について

在宅介護での心と体の健康

在宅介護では、介護をされる方の患者の健康や精神状態は、よく話題になり注意されますが、介護をする方の健康管理などは、あまり話題にはなりません。皆無ではないですが当然患者優先になりますので、そちらの方が重要なのは当然だと思います。だからこそですが、介護をする方の体と心の健康のあり方が問題になります。まずどうしても無理をしてしまい、体の具合が悪くても患者のほうがもっと悪いので、ついつい我慢をしてしまいます。それで後々、そこが持病になったりしてしまうこともあります。腰痛などや不規則な生活から来る内蔵関係の病気などはよく聞きました。定期的な運動や食生活の管理がとても大切です。

また体だけではなく、精神面でも、その不健康さは、時間とともにますます大きくなります。将来への不安や、患者の病気の様子、その他の雑務、具体的な看病の負担等々、精神的なダメージは経験したことがない人には理解できないくらい大きなものがあります。在宅介護では、できるだけ介護をしている人が、自分の時間を作り、趣味などやその他のストレスを解消するような方法を自分で見つけることが、精神的な健康管理になります。あるご婦人はアイショッピングで、ストレスを解消していたと伺いましたが、それぞれ人により工夫すべきだと思います

自分の部屋など負がある場合は、そこで絵を書いたり、音楽を聞いたり、ゲームをしたりと介護の空間と異なる空間をできるだけ作ることが大切で、それができない場合は、外に出ることでその空間を作ることだと思います。

関連リンク

Copyright (C)2017介護する側の健康ありき 在宅介護について.All rights reserved.