福祉関係の器具を在宅介護の場合は有利に利用できる事がありますが健康面でも助かりますのでそのことを書きました。

介護する側の健康ありき 在宅介護について

介護する側の健康ありき 在宅介護について

在宅介護と健康と福祉器具の使用

在宅介護の場合には、国の補助などが利用できる場合が多くあります。有料ですがとても安くできるので、出来るだけ情報を得て利用することをお勧めします。私の認知症の介護の場合は、ケアマネージャーの会社で、それらをレンタルしていましたので勧められたりしていましたが、できるだけ安くあげようとして、費用がかかることは、極力抑えていました、それは介護がいつまで続くかわからず、収入も僅かな親の年金だけだったからです。しかし例えば車椅子や電動ベットなども、自分で購入するよりは、はるかに安くレンタルできたのですが、それをしなかったので、その分とても苦労しました。導入してから、これほど楽になれたのにと後悔したことがあります。

特にベットなどは、普通のベットを使っていましたので、健康面ですが、寝たきりになった後は動かすのも大変でした。また介護の素人なので、看護師さんやヘルパーさんのようにはスムーズに動かせないので苦労しましたが、特に車椅子と電動ベットはとても利用価値が高と思います。自分で購入するのではなくレンタルが良いのです。何故かというとレンタルの場合は、介護が終了した後返すことができますが、電動ベットを購入してしまうと、その後の処分がとても苦労するからです。車椅子も同じです。介護終了のことを考えるとレンタルが一番良いと思います。そのようなことも経験から学ぶことが出来ました。介護の場合は使えるものはなんでも使うということで、猫の手でも使うぐらいの気持が良いと思います。

関連リンク

Copyright (C)2017介護する側の健康ありき 在宅介護について.All rights reserved.